トリートメントってなぜやるのか!?

トリートメントってなぜやるのか!?

トリートメントは今の髪の状態より悪くならないようにやるもの。

例えば、皮膚だったらケガしても修復力がもともと備わってるのでかなりやばいくらいケガしなければ修復は出来る。しかし、髪の毛というものは自然治癒力がないので修復は不可能。

だからトリートメントで補うのですが…

傷んでしまった髪の毛が完全に修復するかといったら、完全には無理である。

なので、トリートメントは今より悪くならないように髪が綺麗な時から事前にやっておくべきである。

  • 髪が綺麗な人ほどその髪の状態を維持するためにトリートメントは重要。
  • カラーする時やパーマする時など、髪に負担をかけてしまう場合はその場ですぐにやってあげないと傷んでしまってからでは遅い。なので、サロンでのトリートメントはかなり重要。(火傷したときと同様。時がたってからでは遅いということ。)カラーの時、パーマの時、縮毛矯正の時など、負担をかけてしまったその時に流れ出た栄養をトリートメントでしっかり補い現状維持を。
  • ダメージがありすぎてパーマや縮毛矯正などのメニューをお断りせざる得なくならないように。

髪の毛って今を大事にしてあげることが重要です。

綺麗な髪でいる為に、自分ができるアドバイスとしてお客様にお話ししてます。

”すべては綺麗の為に”

それとともにいろんな髪型を楽しんで頂くためにも綺麗でいることがとても大切。

ぜひ参考までに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする