読書の春

お休みの日に久しぶりの読書

自分的に考え方が好きなホリエモンの本を。

その中の一部を紹介。

人は1回では理解しない

ライブドアの社長をやっていた頃に、部下を叱ることがあって、そのときも、「なんでコイツはこんなに理解力が低いんだ」「なぜ1回言ったことを忘れてんだ」と思うことが何度もあったんです。で、途中で気づいたんですよ。

“人って重要なことは何回も何回も繰り返して言われなきゃ理解ができないんだ”と。

仕事で部下を育てるのもそうだし、子育てなどもそうだと思う。

1回では理解できないと思って何度も何度も諦めずに繰り返し言う努力はしようっと。

アイディアよりも実行力を

アイディアよりも圧倒的に大事なのは実行力だ。

思いつきより、考えたことを努力して、形にした人が本当に評価されるのだ。

この国では、最初の一歩を踏み出した人が賞賛される向きがあるけど、本当の未来をきり拓くのは、アイディアを体系化できる能力を持った人だろう。

実行するというのが一番難しいが、

シンプルに考えればとても簡単な事。

実行出来る自分を作るのは自分しかいない。

妻に管理されるとオヤジ化が進む

妻に管理される人生なんて、思考停止の最たるものだと思うけれど、そこに幸せはあるのだろうか?

妻の言いなりになっている夫は、ほぼ間違いなくオヤジ化が進行する。僕も結婚している頃はそうだった。

肌ツヤはなくなり、髪型もぼさぼさ、着るものにもまったく気を使わなくなってしまった。腹は出て、ため息が増え、疲れやすくなった。家に帰るのが、本当に億劫になった。

当てはまるものがありすぎる。

気をつけよう!笑

その人の生き様が分かる本って面白いなと思う。

人それぞれ生き方は自由であって、そんな自分の生き様を書いてる本は面白い。

僕は、世の中に誰の考え方が正解とかないと思う。

正解、不正解があるのは法律というルールだけ。

世の中いろんな人がいる中で、誰かの意見に合わせる自分になるのだけは避けたいと思うし、

お店でも、もっとみんなが議論しあえる環境をつくっていきたいと思う。

きっとみんな考えてる事はあるはずだ。

3月のお休み

学生フリーパス発売開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする